低用量ピルを通販で手に入れて安心な毎日を

悩む女性できちゃった婚と呼ばれる、妊娠を機に結婚をするケースも増えています。

その一方で、若い世代の将来への不安などを背景として若い間は夫婦二人が共働きをして将来の為に貯蓄を行って、余裕ができてから子供を作るという事はごくごく当たり前になっています。

そのため、望まない妊娠を避けるために、結婚をしてもなお避妊を続ける男女は非常に多くなっています。

 

しかし、そうしていてもふとした事故をキッカケに妊娠してしまうという事もあるようです。

さまざまな理由が考えられますが、妊娠してしまう一番の理由となっているのが、避妊に関する正しい知識を持ち得ていないということ。

 

特に、日本で一般的に行われているコンドームを用いた避妊では、2割も妊娠してしまう可能性があります。

それでも、8割で避妊ができれば十分と考える人もいるでしょう。

しかし、この8割で避妊できるというのも、コンドームを正しく使った場合の数字で正しい知識を持ち合わせずにコンドームを使えば5割程度に避妊率も低下します。

 

故に、正しい知識を持って使うだけでなく、コンドーム以外の避妊法についても把握しておくことが、将来設計を狂わせないためにも必要不可欠と言えるでしょう。

 

低用量ピルは海外で一般的になっている避妊法

薬を服用する女性現に、海外ではコンドームを使った避妊よりも低用量ピルを用いた避妊法が一般的になっています。

これは、低用量ピルの避妊率がほぼ100%であるという事と、OTC医薬品(一般医薬品)として薬局などでも販売されていることが背景にあります。

 

日本では低用量ピルは薬局などでは販売されておらず、病院で処方してもらうしかありませんでした。

しかし、ネットの発達に伴い、低用量ピルを通販(個人輸入)で手に入れることができるようになっています。

そのため、低用量ピルを通販で手にいれて避妊を行う女性は非常に多くなっています。

 

コンドームを彼氏が使ってくれない、コンドームを使ってくれるけどそれでも不安。

そうした時は是非、低用量ピルを使った避妊を行ってみましょう。

 

低用量ピルは通販で手に入れるのが賢い

コンドームよりも更に高い避妊率を誇る低用量ピル。

しかし、コンドームと低用量ピルの最大の違いは入手方法にあります。

コンドームはコンビニなどで気軽に手に入れることができますが、低用量ピルに関しては前述のとおり病院で処方してもらう事が必須となります。

それゆえに、低用量ピルを用いた避妊のハードルは非常に高くなっています。

更に、低用量ピルを避妊の為に使う場合は保険が適用されないというのも、そのハードルを高めている一因となります。

保険が適用される場合、患者の費用負担は3割で済むのに対し保険が適用されなくなると10割の全額負担という事になるので、非常に大きな負担となってしまうわけです。

そのため、費用的にも手に入れる難易度的にもコンドームが圧倒的に有利な状況になっているのです。

 

そんな時に登場したのが通販(個人輸入代行)です。

個人輸入というのは、海外から直接医薬品を輸入する方法となっています。

通常、医薬品を通販で販売するのも購入するのも、違法となります。

しかし、個人使用を目的として海外から直接輸入して利用することは禁止されていません。

この場合に問題となってくるのが、海外と日本という言葉や文化、法律といった壁が立ちふさがります。

そのため、以前までは気軽に個人輸入を行うといったことは不可能でした。

利用できても、ごく一部の人だけ。

しかし、ネットの発達により個人輸入における壁の突破を全て代行してくれる業者が登場したのです。

そのため、ネットを使って医薬品をいともたやすく個人輸入することが可能となっています。

 

低用量ピルを通販(個人輸入)で手に入れるメリットは?

通販を利用した女性低用量ピルを通販で手に入れることには、様々なメリットがあります。

そうしたメリットを知っておくことによって、今は病院で処方してもらっているけど、通販を利用したほうがよりお得に低用量ピルを手に入れることができるようになったりもします。

 

通販を利用する一番のメリットは、手に入れるためのハードルが低いという事。

スマートフォンやパソコンから簡単に注文することができるので、いつでもどこからでも必要な時に注文が可能です。

 

それだけでなく、価格が安いというのもポイントと言えます。

特に、低用量ピルは毎日飲み続ける必要がある医薬品であり、飲み忘れによって避妊率が低下したりします。

それゆえに、毎日続ける必要があり継続して服用するために購入を続ける必要があります。

そうした時に、価格の高さというのはネックとなってきます。

一度ちょっと高めのもの購入するだけであれば、何とかなる人も多いですが、それを継続するとなると、負担の大きさもバカになりません。

 

しかし、通販であれば低用量ピルが非常に安くなっているので、継続して服用しても大きな負担になることはありません。

そのため、病院で処方をしてもらっていたけど負担が大きくて続けられないため、通販を利用するようになったという人も多いです。

単純に病院に行くよりも通販でいつでもどこでも購入できる通販の方が利便性が高いという理由で通販を利用される方もいます。

 

利便性、価格それぞれの面で通販の方が高くなっているので、低用量ピルを使いたいけどちょっと大変そう。そう思われる方は、是非一度通販を利用して見てはいかがでしょうか。

 

通販で購入できる低用量ピルで避妊できる理由って!?

低用量ピルで避妊ができるというのは、もう当たり前の知識になっていますが、ではなぜ低用量ピルを使えば避妊ができるのでしょうか?

 

このピルのメカニズムをきちんと理解して利用されている方は実は意外と多くありません。

そのため、ここでは低用量ピルの避妊メカニズムについて紹介していきます。

 

低用量ピルは、有効成分として女性ホルモンが配合されています。

この女性ホルモンを低用量ピルで摂取することによって、体内のホルモンバランスを変化させます。

その結果、排卵を抑制しながら、受精卵が着床しづらい状態にします。

更に粘液が濃くなることで精子の侵入を物理的に抑制するといった効果があります。

 

1つだけでなく、3つの効果が1度に得ることができ、それぞれが避妊に対して非常に高い効果を持っているため、ほぼ100%という避妊率を誇る避妊法となっているのです。

 

しかし、これらの効果を発現させるためには、低用量ピルの服用を継続してホルモンバランスをそうした状態になるように整えていく必要があります。

ですから、低用量ピルは飲み忘れてしまったりすると、ホルモンバランスが平常時の状態に戻ってしまい、妊娠するかの静画高くなってしまうわけです。

 

低用量ピルを通販で購入した場合の価格は?

お金のイメージ低用量ピルを使っていく上で、どうしても気になってくる価格。

実際に病院で処方してもらう場合と、通販で購入した場合ではどの程度の差が生まれるのでしょうか?

 

まず、病院で処方してもらう場合にかかる費用は

低用量ピルの代金2,000円程度に診察料などを併せたものになります。

 

通販を利用した場合にかかる費用は

低用量ピルの代金1,200円程度に送料を併せたものになります。

 

送料は高くても1,000円程度だと考えると、ほぼ病院で処方してもらえるピルと同じ金額になります。

利用する通販サイトによっては、もっと送料が安い所もあるでしょうし、まとめ買いなどで送料が無料になるケースも珍しくありません。

特に、低用量ピルは継続して服用を続けて避妊を行うという事も珍しくないので、ある程度まとめて購入するのは普通です。

 

しかし、病院の場合は処方してもらえる量は医師次第ですし、処方される量が少なければその都度病院に足を運び処方してもらう必要があります。

当然、その時には診察料なども別途発生するわけですから、ピルの価格の違いは800円程度だとしても、それ以外の部分での差がどんどんと大きくなるわけです。

 

 

実際に低用量ピルを通販で購入するために

低楊柳ピルのシート実際に、低用量ピルを通販(個人輸入)で購入するにはどうすればいいのでしょうか?

色々な方法がありますが、何よりも大切なのは通販サイト選びになります。

今では、多数の通販サイトがありますが、その中でも信頼して利用できるサイトを選ぶことが重要です。

 

色々なサイトがありますが、私が実際に使っているのは「ココロ薬局」さんです。丁寧な電話対応やメール対応があるので、安心して使えています。

 

低用量ピルを通販で購入するならこちら

通販で購入することができる低用量ピルの種類は様々です。

さまざまな種類がありますが、それぞれの種類によって21錠と28錠タイプに分かれています。

この21錠と28錠の違いは、服用方法の違いになります。

28錠は7錠の偽薬と呼ばれるものが付属しているので、初めて低用量ピルを使うという人はこちらを利用するようにすれば、飲み忘れなども防げるのではないでしょうか。

飲み忘れを元からしない、既に低用量ピルを使っているという場合は、21錠タイプであっても問題ありません。

低用量ピルの通販はこちら